髪飾り・コサージュはすべて手作りです。どこから見ても立体的で奥行きがあり造形的で華やかです。

結婚式のマナー(ファッション)

FrontPage

結婚式マナー ファッションについて

ここでは、結婚式のファッションに関する最低限のマナーを紹介します。

■結婚式の女性のファッションのマナー

●洋装の場合
基本的には花嫁より派手にならないように・・・これは最低限の結婚式のマナーです。
・ノースリーブか半袖で、ロング丈やショート丈等いろいろ
・光沢のある素材でよいでしょう。
・アクセサリーは、照明に映える光る素材でゴージャスに・・・
・色は赤や青系など比較的はっきりした色がお勧めです。
・帽子はかぶらない。
・靴は、金・銀・シルク・エナメルなどヒールの高いもの。
・白のドレスはタブーですので特に気をつけてください。

●和装の場合
・未婚女性の正礼装は振袖ですが、中振袖か小振袖、訪問着が無難でしょう。
・既婚女性の場合は訪問着や色無地を着るのがマナーでしょう。
・付け下げの場合は、未婚でも既婚でもどちらでも着られます。

●ご夫婦での場合
夫婦での出席の場合は、服装も少し合わせるようにしましょう。
服の色合いを合わせたり、妻のドレスと夫のポケットチーフの色を揃えたりすると好感度が高いでしょう。

●子供の場合
子どもの服装に決まりはなく、制服があるときは制服が礼装となります。


■足元のオシャレ

・靴は、プレーンなパンプスが基本です。
・ヒールがあって、先のあるものが無難でしょう。

●ローヒールの場合
・エナメル素材
・リボン・ビーズなど飾りのあるものがよいでしょう。

・ミュール・サンダル・ブーツはマナー違反です。

・足元のオシャレは、だらしなくならないように、招待された新郎・新婦のことを考えて行動するとよいでしょう。


■結婚式の男性のファッションのマナー

・昼  フォーマルスーツ
・夜  タキシード

・ネクタイ・・・白黒のストライプ・シルバーグレー

・ブラックスーツは昼・夜区別なく着られて便利です。 


■二次会の招待された場合のファッション

男性・・・スーツ
女性・・・ワンピースやスーツが一般的です。

大切なことは

二次会の会場の情報をきちんと入手することです。


二次会の招待状に 「平服で」 と記されていて、ジーンズに派手目のジャケットという組み合わせで、会場に行ってみれば、一人場違いで浮いていたということにもなりかねません。



こちらの髪飾りを見た人は、結婚式髪飾り・ウエディング髪飾りのチェックをしています


powered by HAIK 7.2.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional