髪飾り・コサージュはすべて手作りです。どこから見ても立体的で奥行きがあり造形的で華やかです。

振袖マナー

FrontPage

振袖の基本的マナー

■きれいに見える歩き方
まっすぐ前をみて、足をやや内側に向け、自分の足のサイズ分くらいの歩幅で歩きましょう。
室内を歩くときは、敷居や畳の縁を踏まないように気をつけましょう。


■美しく見える階段の上り方下り方
裾から足首が見えないように気をつけましょう。
足元を見ていて、背筋が丸くならないように気をつけましょう。
着物の裾を踏まないように気をつけましょう。
その際、袖は重ねて左にかけます、次に、足首が丸見えにならない程度に裾を少し持ち上げるとよいでしょう。
からだを斜め気味にするときれいに見えます。


■美しく見える車の乗り方降り方
からだの前で袖を合わせます。
車に乗り込むときは、座席の腰を下ろし、髪型を崩さないように注意しながら頭を入れます。
最後に、足をそろえて体を回転させるようにして乗ります。
降りるときは、乗り込むときとは逆に、体を回転させるようにして足を出します。
次に、頭に気をつけながら車から降ります。

車内では、帯をつぶさないようにシートに浅く腰掛け、取っ手を持って体を支えましょう。


■電車でのマナー
袖口から腕や肘でていると、見苦しく品が悪く見えます。
空いているほうの手を袖口の添えるようにするときれいに見えます。
振袖の袖口は大きく開いているので注意しましょう。


■美しく見える椅子の座り方
帯がつぶれないように浅めに座り、バックは背もたれと体の間に置きましょう。
椅子に座るときは、左手で裾を持ち上げ、右手で上前を押さえて座ります。
次に、2枚の袖を重ねて折りたたんで、ひざの上に置きます。

ソファなど低い椅子に座る場合は、裾が広がってしまうことがあります、足が広がらないように注意しましょう。


■トイレでのマナー
両袖を左右それぞれ腕に一周巻きつけます、残ったそでを帯の下に差し込みます。
そでは落ちてこないし、腕も自由に動かせます。
覚えておくと簡単にできますので、しっかり覚えてトイレを我慢することのないようにしましょう。

手を洗うときは、袖口を2~3回折り返して、ぬらさないように気をつけましょう。


■落とした物を拾うときのマナー
袖をまとめて持ちます。
次に、上前を人差し指ではさんで裾を持ち上げます。
体を少し斜めにして腰を落とすと、らくに美しく拾えます。


■メイクのマナー
目元はアイシャドウに変わりにほお紅でぼかします。
チークは丸く可愛い感じにぼかします。
口紅ははっきり塗ります。
最後に、ほお紅で額とあごにサットひとはけ入れると着物メイクに。
コツはほお紅をうまく使いましょう。


■会食会でのマナー
ものをとるときは、左手で右の袖下7~8cm程度持ち、静かに右手を伸ばすときれいに見えます。

料理は、食べやすい大きさにきり、上半身を前傾させてフォークを口に運びます。
背筋が丸くならないように注意しましょう。

コーヒーを飲む場合は、砂糖はスプーンにのせてカップに沈めます、ゆっくり入れましょう。
飲むときは、上半身を前傾させて、カップに近づけて飲むときれいに見えます。
振袖を汚さないように注意しましょう。


■寒さ対策
成人式が近づくと毎年寒波がやってきます。
寒さ対策は必需品です。
開いた袖口から風が入ったり、足元も足袋一枚では冷えやすいです。

手元対策にはオシャレをかねて手袋をおススメします。
ファーの飾りをついた物や肘までの長さのものがいいでしょう。
足元には、指先がオープンになっている着物用パンストがいいでしょう。
特に、寒がりの人にはおススメします。


■その他のマナー
下ろしたての草履は、鼻緒がきつく、足が痛くなりやすいです。
鼻緒に手を入れてひっぱり、伸ばしておきましょう。




こちらの振袖の基本的マナーを見た人は、こちらの成人式髪飾り・和装髪飾り・浴衣髪飾りのチェックをしています



powered by HAIK 7.2.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional