髪飾り・コサージュはすべて手作りです。どこから見ても立体的で奥行きがあり造形的で華やかです。

コサージュの選び方

FrontPage

コサージュの選び方(卒業式・入学式・結婚式)

■卒業式のコサージュの選び方

 卒業式の服装は、ダークな色調(黒や濃紺)のフォーマルスーツが多いそうです。
 周りを見ても同じようなファッションで、地味になりがちです。
 卒業式とは、お祝いとお別れの式典です。
 地味になりがちなフォーマルスーツに小物を使って華やかな装いをしましょう。

 ポイントをどこに持っていくとすれば、やはりコサージュです。
 黒の洋服の場合は、どんな色のコサージュでも合います。


 同系色の黒やグレー・ブラウン系ですと、全体にモノトーンな印象になり、シックで上品な雰囲気になります。

 ホワイト系やピンク系ですと、華やかで魅力的な雰囲気になります。

 入学式のコサージュとしても素敵です。


 基本的に決まりはありませんので、無難にまとめるより、少し個性を出して自分を主張してはいかがでしょうか。



■入学式のコサージュの選び方

入学式の服装は、春らしくベージュ系、ライトグレー系、ホワイト系など、爽やかな色調のレディーズスーツが素敵ですネェ。
 
 ボトムとジャケットの色が違う場合は、ジャケットの色に合わせてコサージュを選ぶと失敗が無いようです。

 ベージュ系、ライトグレー系のスーツには、ピンク系・ブルー系・グリーン系のコサージュがお似合いです。

 ホワイト系のスーツには、基本的のはどんなコサージュでもお似合いです。

 ピンク系のコサージュは、顔移りもよくお肌も綺麗に若々しく見せる事が出来ます。
 

 コサージュをつける位置を高めにすると、目線を集めてくれるので背が高くスラットした雰囲気になります。

 卒業式・入学式の兼用で用いる場合は、ベージュ系・ホワイト系・ピンク系の色合いを


入学式は、お母様にとっても晴れの日です。
無難にまとめるより、個性を出してみてはいかがでしょうか?


■結婚式のコサージュの選び方

 結婚式のフォーマルドレスと言えば、まだまだ黒が多いそうです。
 一見地味になりがちです、ではどうすればいいのか?

 結婚式とは、華やかな祝福の場です、華やかに装って出席したいですね。

 黒のフォーマルドレスは、基本的のどんなコサージュでもお似合いになります。

 シンプルなドレスやスーツの場合は、華やかで明るい大きめのコサージュが相性が良いでしょう。

 黒のコサージュの場合は、パールやフェザーを添えたものであれば十分華やかで上品な雰囲気になります。
 
 カラードレスの場合は、ルージュやドレスの色に合わせてる統一感が出てカラーコーディネイトしやすいです。

 コサージュを、バックやパンプスに合わせても素敵です。
 逆に、反対色にしても全体が引き締まった雰囲気になりこちらも素敵です。

 花の種類で言えば、ローズや胡蝶蘭などもゴージャスで華やかな印象になります。
 ドレスのタイプやお顔の印象(お肌の印象)に合わせて楽しくお選びくださいませ。



コサージュの選び方を見た人は、こちらのコサージュのチェックをしています



powered by HAIK 7.2.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional